スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

超☆私的ミラージュソング①

突然なんだと言う感じですが。きっかけはこれですよ!
「木蓮の涙 アコースティック」
本日発売~♪&早速購入しましたっ☆
で、以前から「これこれ、これミラソンだよ!」ってなモノを相棒とメールでやりとりしていまして。まあ、せっかくだからココにちまちまだしていこうかなぁ。なんてね。

そんな訳で本日第一回目はもちろん

「木蓮の涙」

スターダスト・レヴューのミラソンであるところは「あなた」と「わたし」なところ。これかなりポイント高いと思いませんか!?でもってこの「木蓮の涙」なんですが。
いつまでも側にすると言っていた「あなた」は、もう空に旅立ってしまっていて、逢いたい、けど、もう「あなた」はいなくて。さよならを言おうとしては、「あなた」がいる気がして何度も何度も振り返る。「わたし」の心がどうしても「あなた」を探し、呼んでてしまう。逢いたい。「あなた」に逢いたい。
なんて、感じの内容です。すんごい個人的な解釈で書いてますので「こんなの違う!」って思った方はごめんなさいです。

これって現世での「仰木高耶」に出会う前の直江の印象もあるし、最終巻直後はそう言う風にしか聴こえなかったのですが、改めて聴くと、ねーさんと慎太郎さんの関係の方が近いかもって思いました。「あなたが来たがってたこの丘にひとりきり」なんてくだりもちょっとそれっぽくないですか。
だって最終巻直後だと、直江は高耶さんと一緒にいる訳で、決して離れ離れではないよな、と思ったんですよ。

しかし、良い曲です。今日購入したこのアコースティックヴァージョンは演奏がピアノオンリーでこれまた素敵なんですよう。「木蓮の涙」の世界に入り込んでじっくり聴くと胸がキュンと痛くなります。うう・・ホロリ。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/25(水) 21:27:08|
  2. 炎の蜃気楼|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<100のお題≪無視≫UP | ホーム | たまには飲むのも悪くない>>

コメント

うおっ、ミラソンキターーーー!!!
すっごい語りたいよ!いや、歌い隊!!
B’Zもミラソンざくざくで、聴いてるこっちが恥ずかしいよね!(いいえ、誇らしいです) 今木になってるのはコブクロの「ここにしか咲かない花」(うろ覚え)。歌詞ちゃんと聴きたい。
  1. 2005/05/26(木) 00:53:23 |
  2. URL |
  3. のぐぞう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryoukichi.blog6.fc2.com/tb.php/60-557efab4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。