スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

寝言の事

FC2様でトラックバックテーマをやっていたので。
しかも、寝言の話と来たら参加せずにはおれません。

今では、一人部屋で一人寝なので聞いてくれる人もいないのですが、両親と一緒に寝ていた頃や、姉と二人部屋で寝てた頃はかなりの寝言っぷりだったようです。


その1・私が子供の頃に母が聞いた寝言。
「おかわり~!!おかわり~!!」
朝。
「何か食べてる、夢でも見てた?」
「うん、何か食べてたよ。」
いや、私その時夢の中では「助けて~!!」と、言っていた記憶はあるんですが。
しかも、何故そこで母に話しを合わせる!?私!!


その2・学生時代に姉が聞いた寝言。
その夜、姉が目を覚ますと私が布団の上に正座して、何かを探している様子。
「どうしたの?」
「うん、フタを探してるの。」
その布団、何もありませんから!!しかも、朝何も覚えていませんから!!
夢も見た記憶がないよ・・。


その3・同じく学生時代の事。
やはり、夜姉が気がつくと、ものすごい汗を掻いていた私。
優しい姉は汗を拭いて、寝巻きも着替えさせてくれました。
「よし、こんだけしてやったんだから、明日の朝ちゃんと覚えておいてよ?」
「うん。」
「じゃあ、○○って言ってみて。」
「○○。」
「よし、覚えてるな。おやすみ~。」
すみません、全く覚えていませんでした。

あ、そう言えば、つい最近。
「あんた昨日、寝言言ってたわよ。」
って母に言われたっけ・・ふすま越しに聞こえたらしいです。

どうやら、今でも私の寝言は健在らしい。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/22(水) 22:02:02|
  2. 日々のうんたら|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<お買いものv | ホーム | ちょっとずつね>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ryoukichi.blog6.fc2.com/tb.php/87-93a7d1b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。